子どもの書いた絵の断捨離に主人がストップ

さあ、子どもの作品をお片付けしようと
高い場所から出してきて
埃を気にしながら始めようと準備。
中を開けたら
IMG_2730_R.jpg 
カワイイ作品が現れた。
スポンサーリンク

迷った私が悪いのか

「全部写真の残さないとアカンよね。」とか
面倒な気持ちと、子どもが小さかったことを思い出しながら
主人に問いかけていたら
「置いといたらいいやん。残してあげたらいいやん。」と言われた。
私の内心は
「え?誰のために残しとくの?子どもらは何とも思っていないって。」
と、思いながらも
主人の一言に撮影会は中止。
子どもの作品は残すことになりました。

作品が入っていた袋はボロボロ。
IMG_2731_R.jpg 
触ると、形が無くなります。
IMG_2732_R.jpg 

大きなビニールの袋に入れなおして保管です。
IMG_2733_R.jpg 
また、しばらくはこの場所でお休みください。

そして、またまたコチラも、大事に保管です。
IMG_2734_R.jpg 

今回は主人の一言で作品の処分は中止になりました。
私も、せっかく処分しようと思ったのにと
怒りたい気持ちと
捨てなくて済んだと思う基地が半分半分です。

うーん。まだまだですね。


ブログ村テーマ

ランキングに参加中です。下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ




スポンサーリンク

コメント 2件

コメントはまだありません
ことりんご  

多分我が家でも同じこと起きそう(;´Д`)
断捨離はコッソリですね(笑)

案外男性はメランコリーなのかも。
片づけないくせにねーー(>_<)

2018/05/02 (Wed) 21:37 | 編集 | 返信 |   
うさたな  
To ことりんごさん

ことりんごさん、コメントありがとうございます。
なんか、男の人って踏ん切りが悪いというか、捨てる事にストップをかけられますね。
普段は知らぬかをしているのに。

2018/05/03 (Thu) 22:59 | 編集 | 返信 |   

コメントをどうぞ