アラカンの自分を認めてみようかな

パソコンの検索で「アラカン」を調べたら
「嵐 寛寿郎」が出来てきましたよ。
嵐 寛寿郎さんがアラカンって呼ばれていた事知っていること自体が
アラカンなのかも。
a0990_001170.jpg 
あと何年後かに迎える60歳を、少し暖かく見つめてみようかなと、思う今日この頃です。
スポンサーリンク

アラ還って書くらしい

還暦の還が付いているところが悲しい。
アラサー、アラフォー、アラフィフってなんとなくおしゃれじゃない?
なのになんで60前後で「カン」なわけ?
って思いながらも
確実にアラ還に完全になっている自分。
60歳には後何年かは残っているけれどね。
アラフィフに縛り付いていたい自分です。

アラ還か、なんか急におばあちゃん感が漂うなぁ。

自分の年齢と向き合って素直に生きていきたい

若い者には負けないよ。
というより、まだまだ若者でいたいと思っています。
それでも、体は正直で疲れやすいし、
やはり10年前の自分とは違います。

今まで見ない振りというか無視していた
アラ還って言葉ですが、せっかくなの60歳になった時の自分の為に
今から、自分への貯金をしたいと思います。
60歳も、好奇心旺盛で、毎日を楽しく生きていきたいので。
60歳になっちゃったと、思うより
よし60歳。色んな楽しみが待っているよってなるように
準備を進めるつもりです。
ブログ村テーマ

ランキングに参加中です。下のバナーをクリックしてもらえると嬉しいです。
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ




スポンサーリンク

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ